検索
日本語
  • English
  • 正體中文
  • 简体中文
  • Deutsch
  • Español
  • Français
  • Magyar
  • 日本語
  • 한국어
  • Монгол хэл
  • Âu Lạc
  • български
  • Bahasa Melayu
  • فارسی
  • Português
  • Română
  • Bahasa Indonesia
  • ไทย
  • العربية
  • Čeština
  • ਪੰਜਾਬੀ
  • Русский
  • తెలుగు లిపి
  • हिन्दी
  • Polski
  • Italiano
  • Wikang Tagalog
  • Українська Мова
  • その他
  • English
  • 正體中文
  • 简体中文
  • Deutsch
  • Español
  • Français
  • Magyar
  • 日本語
  • 한국어
  • Монгол хэл
  • Âu Lạc
  • български
  • Bahasa Melayu
  • فارسی
  • Português
  • Română
  • Bahasa Indonesia
  • ไทย
  • العربية
  • Čeština
  • ਪੰਜਾਬੀ
  • Русский
  • తెలుగు లిపి
  • हिन्दी
  • Polski
  • Italiano
  • Wikang Tagalog
  • Українська Мова
  • その他
タイトル
全体
続いて
 

自分のカルマに従って食べる全6回の5回

2024-06-17
Lecture Language:English
要約
ダウンロード Docx
もっと読む

ある人がいて 一人で山に行きました 山にいる時は 何も食べる 必要がありませんでした 空腹という煩わしさを 感じず 何カ月も留まり 彼女は気食者である事に 満足していました でもアパートや家のある 町に下りた途端 もうできなくなりました とても困難に感じました それは集合カルマに よるもので 1日に3回も4回も 食事をしている 周りの人達全員と 混ざり合った 同一化した エネルギーを 感じるからです […]

誰もが一度の食事で 十分な量を食べられる とは限りません 1日に何回も とても少量 食べる人もいます 一度に沢山食べられない からです 一度に集中して沢山 食べられる人もいます だから 1日1食を 守れるかどうかは その人の体と 精神力次第です また この世で生きている ので 貴方を取り巻く 又は貴方が行く世界の どこにでも かなり膨大な カルマのエネルギーが あるかもしれません

ある人がいて 一人で山に行きました 山にいる時は 何も食べる 必要がありませんでした 空腹という煩わしさを 感じず 何カ月も留まり 彼女は気食者である事に 満足していました でもアパートや家のある 町に下りた途端 もうできなくなりました とても困難に感じました それは集合カルマに よるもので 1日に3回も4回も 食事をしている 周りの人達全員と 混ざり合った 同一化した エネルギーを 感じるからです

世界の真ん中で 精力的にそうして いた人がいました 彼女は気食者になる前も 気食者をしている間も 街を歩いて 自分の体が どうなっていくのか 気食主義をどう受け入れて いくのかを観察しました でも車にはねられました 彼女が運転したのではなく 他の誰かが運転して 彼女を死なせてしまいました 彼女は 他の大勢が彼女の 道を歩む希望の光となり 啓発を与える 存在になれるはずでした でも それが現実なのです 世界のカルマがそれを 許さなかったようです だから 何事もほどほど にするのが良いのです

もしある時 私が食事の後に 少し食べているのを見ても 深く考えないで下さい 恐らくそうすべきでした カルマが多すぎてー私は それに従い 神の意志に 従い 世界の集合エネルギー のせいで背負わねば ならないカルマに従って 働かなければなりません 皆さんも:一日一食を 食べて 暫くして 耐えられないと感じたら 知っての通り 貴方のカルマの重荷に 世界の集合カルマに 耐えられないのかも しれません 何事も考えすぎないで下さい ただ常に神の愛の中に いて 常に神を思い出し 貴方を高め 支え 守ってくれる 全てのマスターに感謝します 衣食住やパソコンの 仕事は 今あるものに 過ぎません; 自分に厳しくしすぎないで! 皆には永遠に私の愛がある!

空腹を感じたら食べます 疲れたら 眠ります できる事をして下さいー スプリームマスター TVを通して 世界の為に最善を尽くします いいですね? それでもっと寛いだ 生活が送れるでしょう 私達のスケジュールでは 時にとても慌ただしく 大忙しで働きます 時に通常のスケジュール ではなく やるべきことを やらなければなりません 心配しないで 1日1食以上食べても 気にしないで下さい 大丈夫です 又は1日1食にして 午後に野菜や果物で ジュースを作れば それだけでもとても 栄養価が高く 消化しやすく 満腹感も得られるので 空腹感も 軽減されます いいですね 自分の意志 カルマにも 従って行うべきです 無理に全てを 強制しないことです

また 多くの人が様々な 方法で霊的に修行をして それを誇りに思ったり 効率的だと思っていますが そうではありません 幾つかの国々では 様々な奇妙な霊的な事を 実践しています 例えば 鼠の民を崇拝したり 鼠になりたいとか 鼠の民に転生したいと 思ったり 蛇の民を崇拝したり 公式に 公然に 誇りを持って 何千もの人が それに従っています すでに話したように 知っての通り 私は動物の民を心から愛し 全ての動物の民は 何らかの形で 貴方の役に 立つことができます 蛇の民でさえも 彼らは何らかの方法で 貴方の願いを叶えるために 又は事故から救うために 貴方を守るために 彼らの力でできることを 何でもしてくれます

でも動物の民は神ではない だから動物の民を神の代りに 崇めようとしてはいけません 彼らを愛し 感謝し 称賛 する事はできます 彼らがとにかく助けて くれて それが分るなら たとえ分らなくても ペットの 民を愛してください 見て 助けることのできる 動物の民を愛して下さい そうでなくても 神の ように崇拝しないで下さい

神だけを崇拝し マスターを崇拝します その人は貴方を祝福し あらゆる方法で貴方を助ける ことができるからです その人は全宇宙と繋がる ことができるからです その人が真のマスターで 最も強力なマスターで あるなら 貴方は未来永劫 多くの宇宙で 最高の幸運に恵まれます そのマスターが貴方が 従うに値するかどうかは 修行を通して 内なる天の 体験を通して 感じる必要があります そのマスターが いるだけでも それで十分です それ以上何も必要なく そのマスターを愛し その マスターの指示に従うなら 神でさえ 貴方を愛するでしょう 神も貴方を愛するでしょう

それが神の望む全てです 貴方が師の教えに従うことが それは神からの直接の教え だからです その師が実際に神と一体 であり 例えば主イエス キリスト 仏陀 多くのグル 主マハーヴィーラ グル ナーナク デブ ジ等のような 多くのマスターがいます その名を全て唱えるには 全生涯を費やすことでしょう 決して十分ではないです

だからもう分りましたね 私が1日1食で 無痛の食事だからと言って この生き方を提唱して いるのではないと 違います 元気に生きて下さい リトリートにいる時は とにかく好きなものを全て 食べるのは困難です それに いつも人が来て 食べ物を持って来ると 邪魔されたくないですね だから 自分が買えるもの 自分の時間が許すもの 自分のリトリートの 位置や状態 リトリートの 状況や場所を考えて 食べるのです

時々 かなり 近づき難い所もあります 人々はそう簡単に食料を 持って来られません だから昔の多くのマスター 聖人や賢人は とても質素に食べました 手頃で保存可能な食料を それで信者に常に 頻繁に食料を持って くるよう煩わせません たとえ彼ら(信者)が それをとても望んでいても 昔のマスターや聖人 賢人の殆どは 独りで 静かにしていたかったのです 神の意志と恩寵に従い 世界を祝福できるよう 自分の力と エネルギーを強化し 神と共にいるために

だから 苦行生活に深入り せずに それが解脱への 道だと信じないことです そうではありません 人間や動物の民に 施しや 善行をする人達でさえ ーそれらの人達は 高尚で 高潔ですが それは解脱や悟りの 境地のような高い 到達点に達するための 方法ではありません

慈善活動や人助け 善行は私達が すべきことであり 勿論 カルマの一部を 軽減するものです でも 一度の生涯で 完全な解脱に 導く観音法門とは 違います それを忘れないで下さい でも とにかく常に 善行をするべきです 私もそうしています 功徳や賞賛や報酬が 必要だからでなく ここで 共に暮しているからです 誰かが困っていたり 人間や動物の民が 困っていたり どんな 存在でも困っていたら 助けるべきです それは当然のことです 功徳が必要とか 報酬が 欲しいからではなく そうしない方がいいです 何をするにしても 全て神 天 仏陀に 感謝することです

ただ善行をすれば 私達は善良で 高貴で親切になります でも仏陀によれば それは 天界とこの世の 功徳のためだけです 天には多くのカテゴリーや レベルがあるからです 貴方は破壊可能な世界 三界の間で天界を 得ることができます これらの天 3つの破壊可能 な天の世界を得られるし 地上にいる事もできます 例えば とても善良で 慈善的で 寛大で優しいなら 貴方はこの 三界内の天国に 行くことができるし 天界で暫く過ごした後 人間の姿で裕福な家庭に 成功や特権 名誉やその全てを得て 戻って来られますが 高次の天国には行けません

高次の天とは 第四界から上へ 上へ 上へ 勿論 Tim QoTuの地まで 更にその先までです でもその先は必要ないです 遠くに行く必要はなく 行き過ぎると 私達が共感し 心から理解し 楽しめる ものはあまりありません 実際 必要ありません ちょうど大学の後の ように それで十分です 大学卒業後に別の学校に 行く必要はないですが 大学卒業後に知識を 広げることはできます 貴方は方法を知ってるからで 更に知ることができます

Photo Caption: 神の愛で養う 自然がそうしてくれる!

写真をダウンロード   

もっと観る
全てのエピソード  (5/6)
1
2024-06-13
3267 閲覧数
2
2024-06-14
2627 閲覧数
3
2024-06-15
2346 閲覧数
4
2024-06-16
2073 閲覧数
5
2024-06-17
2258 閲覧数
6
2024-06-18
1966 閲覧数
シェア
誰かにシェア
埋め込み
開始位置
ダウンロード
携帯
携帯
iPhone
Android
携帯ブラウザーで観る
GO
GO
Prompt
OK
アプリ
QRコードをスキャンするか、正しい電話システムを選んでダウンロードする
iPhone
Android