検索
日本語
  • English
  • 正體中文
  • 简体中文
  • Deutsch
  • Español
  • Français
  • Magyar
  • 日本語
  • 한국어
  • Монгол хэл
  • Âu Lạc
  • български
  • Bahasa Melayu
  • فارسی
  • Português
  • Română
  • Bahasa Indonesia
  • ไทย
  • العربية
  • Čeština
  • ਪੰਜਾਬੀ
  • Русский
  • తెలుగు లిపి
  • हिन्दी
  • Polski
  • Italiano
  • Wikang Tagalog
  • Українська Мова
  • その他
  • English
  • 正體中文
  • 简体中文
  • Deutsch
  • Español
  • Français
  • Magyar
  • 日本語
  • 한국어
  • Монгол хэл
  • Âu Lạc
  • български
  • Bahasa Melayu
  • فارسی
  • Português
  • Română
  • Bahasa Indonesia
  • ไทย
  • العربية
  • Čeština
  • ਪੰਜਾਬੀ
  • Русский
  • తెలుగు లిపి
  • हिन्दी
  • Polski
  • Italiano
  • Wikang Tagalog
  • Українська Мова
  • その他
タイトル
全体
続いて
 

自分のカルマに従って食べる全6回の3回

2024-06-15
Lecture Language:English
要約
ダウンロード Docx
もっと読む

昔も 導師の多くは 砂漠に住んでいました 食料がありませんでした ただ乾パンのような物を 食べ 水に浸して それだけ食べていました 多分保存が簡単で 長い間保存できる ナツメヤシも […] そして導師や僧や尼僧は ただ一人になり 神に祈り 神の愛と祝福を感じ 神が祝福してくれる ことを望みました ただ神と二人きりに なりたかったのです 既に非常に高い悟りを 得ているかどうかに拘わらず 崇高な理想 崇高な目標は 神に到達すること 神を知ること 神をより 愛すること この点で 開悟することなのです […]

もし本当に 1日1食のみ 質素に食べたいのならー 私が幾つか挙げた 無痛の 野菜を食べたいのなら 全部ではなく… 私は多くの事を考える 時間はありません スプリームマスターTVの 仕事は 物理的に 多くの時間を費やします 沢山 沢山 何時間も 他の事もしています 写真でさえ 何時間も 何時間もかかります 数秒 数分 楽しむために 私のチームはとても懸命に 働いて 勿論私も 共に働いています でも 私が自分の為に 挙げたリスト(無痛の 食物)は生きていくには 既に十分だと思います 順調です 今の所順調です

その全てを望まないなら 玄米とゴマと果物 だけでもいいですー メロン 無痛の果物で それでもOKで 満足感を得られます 心が軽くなり 足取りも軽くなり; ハッピーになります でも もちろん そのような食べ物がない どんな状況にいても 他の食べ物があれば ビーガンなら もちろん 食べられます でも栄養が足りないと 心配するのなら それは無用な心配です 白米にリストに挙げた 野菜と果物を一緒に 食べるのもいいです リストは完全でなくても それで十分です 食べる為に生きるのでなく 生きる為に食べるのです

昔も 導師の多くは 砂漠に住んでいました 食料がありませんでした ただ乾パンのような物を 食べ 水に浸して それだけ食べていました 多分保存が簡単で 長い間保存できる ナツメヤシも 生きていくのに十分な 6ヶ月分くらいの 食料を受け入れました そして導師や僧や尼僧は ただ一人になり 神に祈り 神の愛と祝福を感じ 神が祝福してくれる ことを望みました ただ神と二人きりに なりたかったのです 既に非常に高い悟りを 得ているかどうかに拘わらず 崇高な理想 崇高な目標は 神に到達すること 神を知ること 神をより 愛すること この点で 開悟することなのです

ヒマラヤでも 多くの ヒンズー教の僧侶は ヒマラヤの山々で 保存できる乾物を何でも 食べていましたーとても高く 全てから遠く離れた山で 恐らく米とダール レンズ豆を塩と一緒に 調理し スパイスがあれば それを食べるでしょう でなければ それだけで生活します ガウムクのようなヒマラヤの 奥地では 少なくとも 半年は雪に覆われ 道も 通れなくなります だから半年間 誰も ヒマラヤの深く とても高地のガウムクに 食料を補給しに 行くことができません 恐らくこの僧侶の一部も 空気で生きています 気食者や水食者のように 彼らには この世から 離れた方が楽で単純です だから神と共に至福を 楽しんだり 神に思いを 馳せたりできます

彼らに解脱の法門を伝える 師が既にいて その師がより簡単に アクセスし より簡単に 瞑想できるように 他者から遠く離れた所に 留まり続けるのであれば それが最善でしょう でも そのような地域では 大したことはしません そのような地域では 空気は 純粋で エネルギーも純粋で いかなる妨害もなく 人間が食べ物を運んだり 礼拝に行ったりして 彼らの 平和を乱しません だから彼らは遠く離れた 場所にいたかったのです 私もそうできたらいいです ヒマラヤにいた時 最高の時間を過ごしたのを 覚えているからです 何の問題も感じなかった 何も心配しなかった 「平和」や「妨害」という 言葉さえ考えなかった そのような状況も 思考も 態度も 精神的な 関係もなかったです ただ自分の人生を生きます とても気分が良いです この世の他のことは 全く何も考えません この世でこれ以上何かを 望むこともないです

当時 私は大金を持っても いなかったです 既に言いましたね 毎日 夕方に一度 (ビーガン)チャパティを 食べられるだけでした 自分の小屋 泥の小屋に 戻った時に 朝には 他では食べた ことのないような 美味しいサモサを作る 老婦人の傍を 通った時に(ビーガン) サモサを食べます リシケシでのことでした ヒマラヤの一番高い 所ではなかったです もっと高いガウムクまで 行かねばなりません それでヒマラヤの 最後の所に到達できます その先に 僧や尼僧が 滞在したかどうか分りません そこに行くのは更に困難です さて 私はそこで意図的に 苦行者になった訳ではなく リトリートと同じです; まさにそんな感じです

仏教の伝統では 毎年 3カ月間リトリートを する時は 一人になるか 同じようなコミュニティの 人たちと一緒に いる必要があります それ以上は食べません 仏陀の時代にはもっと 食料があったでしょう でも私の時は 寺院の 奥に一人でいました 亡くなった仏教信者の 遺灰を納めるために 使われた部屋です そして親族が 遺灰をそこに運び 正面にいる 寺院の少し下にいる 僧侶の読経を聴かせ 安らぎを与え 地獄や好ましくない どんな存在からも 解脱できる ようにしました 私に毎日食事を持って くる人はいませんでした そうしたくなかったです 勿論 下に居る僧侶に 食べ物を運ぶ手助けを 頼むこともできましたが そうしたくなかったです 私を訪ねたいという 人もいました 私も断りました 自分の弟子のために 1、2回訪れた以外は 当時 私には何人か 弟子がいて 彼らは 結局印心のために 新しい人を連れて 訪ねてきました 私は多くの人に会いたく なかったです 誰にも会いたくなかった だから ゴマと玄米だけを 食べたのです

最初の週は その食料と一緒に オレンジジュースも 届けられました でもその後 もう残ってなかったので ゴマと玄米と 塩 勿論 又は醤油だけでした 醤油もあったでしょうが 最後は塩だけでした 私は生き延び 気分が悪く なることもなかったです それに対して 憧れる人々の要請で 世に出た時 あちこちで ちょっとした問題を 抱えるようになり 時には致命的な 事態になりかけました 致命的になり得ましたが 神は私に生きて 仕事を 続けるよう望みました 恐らくそのせいか 私は何度も 暗殺未遂からも 生死をさまよう病状や 肉体的な病気からも 生き延びました でも苦行が今の私を もたらした訳でも 助けた訳でもないです 内なる瞑想に没頭し 続け 世俗的な 干渉に邪魔されたり 気が散ったりする ことがないように 一人で静かに 過ごすことができる 利便性があるだけ それだけです

でも私は-強調-しません 苦行を推奨しません 体を強制する方法として できると感じる為だけに; 勿論できます でも 無理してトラブルに 巻き込まれないようにね? ただ伝えたいのは 食事を減らしたいなら 料理の手間を 省きたいのなら もっと 簡単にできます でも無理はしないで OK? 体が耐えられないなら すぐに中止して ゆっくり元に戻します 極端な生活から すぐに 次のリラックスした生活に 飛びつくのではなく でも 常にビーガンでいること カルマだけを恐れている 訳ではなく どんな衆生も 傷つけたくないからです

動物の衆生もー 私達に似ていませんが 魂があります 彼らの中には魂があり 宇宙と霊的な 繋がりがあります 多くの動物の民は 人間が知る以上の事を 知っています これから起こり得る事を それが起こる前に 察知する 鋭い感覚があります 彼らは貴方を見抜きます 貴方がトラブルや 事故に見舞われることを 予知することもできます 何度も警告しようとしても 殆どの人間は 動物の民の 話が聞こえません

時々 見かけます 動物の民が 突然 周りを飛び回りTVを 見るのを邪魔するのを その動物の民は例えば その番組が悪いカルマや 重荷をもたらすと 知っているからです 私の犬の民も知っています 大勢が何度も私を 止めようとしますが 私は働かねばならず 世界を知る必要があり 世界の面倒を見るために 犠牲になるべきです でも その必要がないなら 見るべきではないです

あまり沢山見ないで下さい 世俗的な番組 特に 暴力的な映画や番組を 貴方にとって大変悪いです エネルギーを奪います 低いレベルに 引き下ろされます たとえ既に高いレベルに いるとしても 貴方を病気にします 精神的な能力が 全てが 乱されます 特に 夜に見ていると 寝る必要がある時に たとえ 夜型人間でも 自分をあまり虐待しない 方がいいですー精神的 心理的 感情的 叡智的に なぜなら夜は 休息する時間 瞑想する 時間であり 宇宙の より高い 高位の次元を 熟考する時間だからです より天国に近づき より神に近づくために

夜は 負の力が 徘徊している 時間であり 貴方の 平和を乱し エネルギーを 吸い上げ 間違った事を するよう影響を与え 結果 貴方や人に悪いカルマ を生み出すことになります

Photo Caption: 森の奥深くで ひっそり暮していて 殆ど気づかれなくても 夏も冬も生きていける!

写真をダウンロード   

もっと観る
全てのエピソード  (3/6)
1
2024-06-13
3327 閲覧数
2
2024-06-14
2667 閲覧数
3
2024-06-15
2394 閲覧数
4
2024-06-16
2137 閲覧数
5
2024-06-17
2315 閲覧数
6
2024-06-18
2025 閲覧数
シェア
誰かにシェア
埋め込み
開始位置
ダウンロード
携帯
携帯
iPhone
Android
携帯ブラウザーで観る
GO
GO
Prompt
OK
アプリ
QRコードをスキャンするか、正しい電話システムを選んでダウンロードする
iPhone
Android