検索
日本語
  • English
  • 正體中文
  • 简体中文
  • Deutsch
  • Español
  • Français
  • Magyar
  • 日本語
  • 한국어
  • Монгол хэл
  • Âu Lạc
  • български
  • Bahasa Melayu
  • فارسی
  • Português
  • Română
  • Bahasa Indonesia
  • ไทย
  • العربية
  • Čeština
  • ਪੰਜਾਬੀ
  • Русский
  • తెలుగు లిపి
  • हिन्दी
  • Polski
  • Italiano
  • Wikang Tagalog
  • Українська Мова
  • その他
  • English
  • 正體中文
  • 简体中文
  • Deutsch
  • Español
  • Français
  • Magyar
  • 日本語
  • 한국어
  • Монгол хэл
  • Âu Lạc
  • български
  • Bahasa Melayu
  • فارسی
  • Português
  • Română
  • Bahasa Indonesia
  • ไทย
  • العربية
  • Čeština
  • ਪੰਜਾਬੀ
  • Русский
  • తెలుగు లిపి
  • हिन्दी
  • Polski
  • Italiano
  • Wikang Tagalog
  • Українська Мова
  • その他
タイトル
全体
続いて
 

自分のカルマに従って食べる全6回の1回

2024-06-13
Lecture Language:English
要約
ダウンロード Docx
もっと読む

そして即刻開悟の為には 類まれなパワフルな マスターから受け取る ことができるよう 貴方の千劫分の加護に 頼らねばなりません それがなければ たとえ長い 長い間 苦行を実践し 更に 何も食べなかったとしても あまり意味がないのです 勿論 カルマの一部を 浄化することはできるかも でも物理的なカルマだけでは 貴方を解放し 貴方を 強制する事はできません 霊的な洞察力は外側の 知識とは異なるからです […]

ハイ 愛する魂の皆さん またお話しできて嬉しいです 私達はいつも心の中で 交流しているのですが お話ししたい事があります 最近 私が一日一食しか 食べていないと言ったことで 皆さんの中に一日一食しか 食べたくないと言い出した 人がいると聞きました どうか真似しないで下さい 貴方がまだ喧騒の中で 働いているのであれば 自分に厳しくし過ぎないで ほしいです 通常 一日一食というのは リトリート中や1人の時 信頼できる友人といる時に 行うものです そうでなければ もし 貴方がまだ毎日懸命に 働いていて 家に帰っても 自分の家族 ペットの民 友人や親戚といった人達の 面倒を見なければ ならないのであればー そうすべきではありません もちろん 暫く試して 様子を見ることはできます でも それですぐに 仏陀になれると思って 無理をしないでください そういうものではないです 貴方がどれだけ食べるかは 前世や現世での貴方の 功徳にもよるのです

崇敬する開悟した仏陀は 当時は公害もなく 気候変動の心配も なかったので あまり ストレスを感じませんでした つまり仏陀は生と死を 心配していたわけではなく ただ開悟した人々 覚者は常に 他者を気にかけています 他者をー自分自身ではなく

仏陀が在世の時でさえ 仏陀は午後に ジュースを飲むことを 僧侶に許しました というのも当時 仏陀自身と僧侶達は 一日に一度 正午頃にしか 食事をしなかったからです そして通常 正午以降は 食事を取りませんでした もちろん水を飲みました そうすることもできます でも仏陀は明確に言いました 僧侶がジュースを 飲むことを許すとー あらゆる葉っぱのジュース 野菜ジュースや果汁を チームに頼んで 印刷してもらいましょう 又は少し待ってくれたら 私が伝えましょう

仏陀の指示は けん度に記されています というのもある修行僧が 仏陀と僧侶たちを 食事に招こうと 仏陀のもとを訪れました その時は既に 午後の遅い時間で 仏陀と僧侶のサンガに とっては遅過ぎました 正午以降は食事や 固形物を取らないからです 彼らは通常 正午頃にしか 食事をとりません そこで修行僧ケニヤは ジュースを作り 仏陀に捧げました

仏陀は彼に言いました 「僧侶たち 比丘たちに 配ってください」 しかし比丘たちは 今は食べ物を食べる時 ではないのでとても心配し それで断りました すると仏陀は言いました 「ああ 構いません いただきなさい」と その後 修行僧ケニヤは 自分が作ったジュースを 全ての比丘たちに 振る舞い 全員が それに満足し もっと欲しがりました

するとこれをきっかけに 仏陀も指示を出し 比丘たちに向けて こう言いました 「比丘よ 貴方たちに八種類の 飲み物を許可しよう: マンゴーの蜜 ジャンブー の蜜 オオバコの蜜 モカの蜜 ブドウ果汁 スイレンの食用根から 作った蜜 蜂蜜と ファールサカの蜜である 比丘よ 私はトウモロコシ から作られたジュースを除き 全ての果汁を許す 比丘よ 私は あらゆる種類の葉から 作られた飲み物を 許可するが 香草から 作られた飲み物は例外だ」 香草とはペパーミントや ローズマリーなどでしょう そして仏陀は続けて 言いました「比丘よ 甘草の汁を除いて 全ての花から作られた 飲み物を許す 比丘よ 私は サトウキビの汁を 使うことを許す」 これらは全て 仏陀が 正午を過ぎた後も 僧侶たちに飲むことを 許可したジュースです そしてこの時以前にも 僧呂たちは旅行中や 食事の正確な時間が 分らない状況下では 食事をとることを 許されていました

だから もし皆さんが 本当に一日一食のコースを 考えているのであれば 私が伝えたように 仏陀の教えに 従ってください 蜂蜜も許されています しかし通常 それ以前にも 仏陀は蜂蜜を薬用に使用する ことを許可し 7日間だけ 保存する事を許しています 私はジュースは飲みません 生涯で2、3回飲んだ ことがあるくらいです

ジュースは大丈夫です 貴方が一日一食を昼に 摂ることにこだわるなら 午後にジュースを 摂ることもできます でも気をつけてください 十分な栄養を摂る必要が あります 貴方は まだ世の中で働いており 周囲の空腹で食欲旺盛な 人々のエネルギーに 影響されているからです もし貴方が 苦行をして 1日1食しか 食べなければ仏になれると 思っているのであれば そうではありません

今生で与えられた カルマに従って食べる 必要もあるのです 私自身もそうしました 私も暫くの間 気食者 でしたが 私の霊的な 仕事には役立たないので 天に止められるまでは 効果がありました つまり 食べ物に関する カルマを増やすことで より多くの祝福が世界に もたらされます! 私の小柄な体では 物理的に できる限りの事をするだけ! でも それはとても 自由で 浮遊感のような 軽さで 中止するのは とても悲しかった!!! 思い出すと今も悲しいです

だからたとえ意志が強く 貴方の好きなように できるとしても どうか体に無理強い しないでください でも貴方のカルマが 別の様に設計されていたり 非常に強い霊修行と 内なる精神的な強さを 持たないなら貴方の身体は 失敗するかもしれません だからどうか 暫く 試して様子を見てください もし上手くいかなかったら 徐々に以前のメニューに 再調整するようにします それがビーガンである限り 私は苦行が私達の 修行において必須である かのような印象を 与えたくありません いえ いえ 違います どうか普通でいて下さい 普通でいてください 手に入れられるものを 人生で楽しんでください 皆さんは既に 多くの事を避けてきたので 私はとても感謝しています 何事にも節度を持って下さい 苦行そのものは貴方に 多くをもたらしません 私は正直に言います

重要なのは正しい瞑想と 正しい生き方を 実践することです 貴方は真の開悟した 有能なマスターから 瞑想「法」を 伝授されねばならず 途方もないパワーを持つ このマスターに出会う幸運に 恵まれた人は 地上と 宇宙のあらゆる恩恵の中で 最も偉大な恩恵にあずかる ことを請わなければ なりませんー それは 恩寵による印心であり 開悟するためのものです ご存じのように 霊的な開悟は 貴方の 本当の存在の内在に あるものだからです 外側の衣服 つまり魂を 宿す身体から得られる ものではないのです さて 電線はとても 美しく手入れも 行き届いていますが 電源に接続されて いないと 照明は明るくならず 電気を必要とする 他の機器は作動しません 電力と接続する 必要があります

同様に 私達が肉体を とても大切にしていても 内在の神のパワーの 本当の源と 繋がっていなければ 何の役にも立ちません 勿論 電気が他の用途に 使えるように 電線は きちんとメンテナンス されなければなりません でも電線を使いすぎる ことはありません 電線は特別な手入れを する必要はないですが 十分なメンテナンスは 必要です 電線を花や シルクやビロードや その他の美しい布で飾る 必要はありません 色とりどりに塗ったり 電気ボックスや電気プラグを 飾る必要はないですー その必要はありません OK?それだけです 皆さんは知的なので十分に 説明できたと思います

そして即刻開悟の為には 類まれなパワフルな マスターから受け取る ことができるよう 貴方の千劫分の加護に 頼らねばなりません それがなければ たとえ長い 長い間 苦行を実践し 更に 何も食べなかったとしても あまり意味がないのです 勿論 カルマの一部を 浄化することはできるかも でも物理的なカルマだけでは 貴方を解放し 貴方を 強制する事はできません 霊的な洞察力は外側の 知識とは異なるからです どう説明すればいいか 考えなければなりません 私はまだしていますか??

Photo Caption: 最も地道な仕事でも 必要とされる仕事です

写真をダウンロード   

もっと観る
全てのエピソード  (1/6)
1
2024-06-13
3405 閲覧数
2
2024-06-14
2717 閲覧数
3
2024-06-15
2436 閲覧数
4
2024-06-16
2202 閲覧数
5
2024-06-17
2365 閲覧数
6
2024-06-18
2106 閲覧数
シェア
誰かにシェア
埋め込み
開始位置
ダウンロード
携帯
携帯
iPhone
Android
携帯ブラウザーで観る
GO
GO
Prompt
OK
アプリ
QRコードをスキャンするか、正しい電話システムを選んでダウンロードする
iPhone
Android