検索
日本語
タイトル
  • English
  • 正體中文
  • 简体中文
  • Deutsch
  • Español
  • Français
  • Magyar
  • 日本語
  • 한국어
  • Монгол хэл
  • Âu Lạc
  • български
  • bahasa Melayu
  • فارسی
  • Português
  • Română
  • Bahasa Indonesia
  • ไทย
  • العربية
  • čeština
  • ਪੰਜਾਬੀ
  • русский
  • తెలుగు లిపి
  • हिन्दी
  • polski
  • italiano
  • Wikang Tagalog
  • Українська Мова
  • Others
  • English
  • 正體中文
  • 简体中文
  • Deutsch
  • Español
  • Français
  • Magyar
  • 日本語
  • 한국어
  • Монгол хэл
  • Âu Lạc
  • български
  • bahasa Melayu
  • فارسی
  • Português
  • Română
  • Bahasa Indonesia
  • ไทย
  • العربية
  • čeština
  • ਪੰਜਾਬੀ
  • русский
  • తెలుగు లిపి
  • हिन्दी
  • polski
  • italiano
  • Wikang Tagalog
  • Українська Мова
  • Others
タイトル
全体
続いて
 

宗教とビーガニズムー肉食は決して正しくない 全二回の前編

2021-03-19
言語:English
要約
ダウンロード Docx
もっと読む

01. 「汝 全創造中の 正義と公平の 具現となれ」 ~ケタベアグダス(バハイ教)

02. 「人の食べ物は穀物であり 肉ではない」 〜世界平和の宣布 (バハイ教)

03. 神はすべての衆生の 食料を定めた またその決断に反して 食べることは 認められていない」 〜アブドゥルバハ(菜食者) (バハイ教)

04. 「故に 衆生が食べる 肉はすべて自らの親戚の 肉である」 ~楞伽経(仏教)

05. 「肉を消費するために[…] 無知な方法で逆に動物の 殺害することによって 彼らは自身への呪いを もたらす[…]」 〜地蔵経(仏教)

06. 「[…]生き物の […]肉を神々へ 捧げることは 母に自分の子の肉を 提供するようなものだ これは深刻な罪である」 〜弟子の至高の道 (仏教)

07. 「生きている衆生が[…] 殺生をやめたら 彼らは代々続く 生死の輪廻を 受けることはない」 ~楞厳経(仏教)

08. 「肉を食べることは 慈悲の種を台無しにする」 ~大般涅槃教 (仏教)

09. 「全ての肉は 人の死体と同じである」 ~楞伽経(仏教)

10. 「私にとって心地良くなく 喜ばないような状況を どうして他者に 与えられようか」 ~相応部経(仏教)

11. 「その[肉食者]が どこを歩き回ろうと 水の中の衆生 陸の衆生 空の衆生は怯える 気絶するか死ぬだろう」 ~大般涅槃教 (仏教)

12. 「人が心身を支配でき そしてその結果 動物の肉を食べ 動物製品を身につける ことから遠ざかるなら 既に解脱すると言えよう」 ~楞厳経(仏教)

13. 「もし私の弟子の一人でも まだ肉食をしているなら その者はカンデラの 血統と知る その者は私の弟子ではなく 私はその者の師ではない」 カンデラとは殺人者 或いは殺し屋のこと ~楞伽経(仏教)

14. 「肉食者は数え切れない 罪を犯している ゆえに ビーガンの者は数え切れない 福報と美徳を積んでいる」 ~楞伽経(仏教)

15. 「肉と血のために衆生を 殺す者たちは 八熱地獄で 焼かれるだろう」 〜主ミラレパ(菜食者)

16. 「[…]「人類」とは 人道的に振舞うことであり 人間や動物を殺したり 傷つけてはならない 最終的には 草木も含み 命を 大切にする事を学ぶ」 ~真理の書 (比丘僧団仏教徒協会)

17. 「肉を食べる者は 輪廻の酷く恐ろしい 道を行き 無限の痛みに 苦しむだろう」 ~楞厳経(仏教)

18. 「肉食者は 天人を己から遠ざけ 他の感覚ある衆生を 怖がらせる」 ~楞厳経(仏教)

19. 「天人は絶対に 常に悪臭漂う口で 肉を食す者の側には 寄らない」 ~楞伽経(仏教)

20. 「肉は良くない 肉は不浄である」 ~楞伽経(仏教)

21. 「ビーガンの食物に 慣れていないだろうが 血で満たされた食事 よりはましだ」 〜自己育成のための 十の推奨事項 (ブ ソン キ フォン教)

22. 「仏の名前を唱え 戒律とビーガン食を 守ってください 心の中でもビーガンになる ことはさらに良いこと」 〜預言者フインフーソー (ビーガン)

23. 「果物や野菜を食べることは 口を原因とする 悪いカルマ(報復)に 苦しまないことである」 ~この世で生き 道(タオ)を楽しむ (チュックラム禅派仏教)

24. 「戒律を守る人々は 天と地の 無数の生命体を 傷つけない」 〜尊き菩提達磨(ビーガン)

25. 「…最も重要なのは 殺生をやめること… 動物にも魂があり 人間同様に 理解するからである」 〜聖人の教え (カオダイ教)

26. 「心に慈悲がないなら 味覚を満たすことが 何の役に立つだろうか」 ~三つの手段による 真の教え(カオダイ教)

27. 「肉は腹の為 腹は肉の為にあるが 神はそのいずれをも 滅ぼす」 〜コリントの信徒への 手紙 聖書

28. 「ただし 肉は命である 血を含んだまま 食べてはならない」 ~聖書 創世記

29. 「汝殺してはならない」 ~聖書 出エジプト記

30. 「私が求めるのは憐れみ であり 生贄ではない」 〜聖書 マタイによる福音書

31. 「肉も食べなければ ブドウ酒も飲まず 兄弟を罪に誘うような 事をしない あるいは 傷つけ 弱くさせない のが望ましい」 〜聖書 ローマ人への手紙

32. 「私たちが肉を 食べることを控えるのは 「私達の肉体を下に保ち 服従させるために」 そうするのだ」 〜アレキサンドリアの オリゲネス(菜食者)

33. 「肉料理やごちそうを 楽しむ者は美徳は ほとんどありません」 〜聖大ワシリイ (ベジタリアン)

34. 「動物を不必要に 苦しめ殺すことは 人間の尊厳に反する」 ~カトリック教会 カテキズム

35. 「優れた者なら 生きた動物を見て 彼らが殺されて死ぬのを 見るに耐えられない[…]」 ~孟子(ビーガン)

36. 「平和の為には 人類はまず 動物と 和解する必要がある[…]」 〜グエンタンナム師 (ビーガン) (ナムクォック仏教)

37. 「[…]もし貴方が捧げものと 肉と血を食べるのを やめなければ 神の怒りは あなたから離れない」 ~十二使徒の福音 (エッセネ派)

38. 「生き物を狩るものは 狩人に苦しむだろう」 ~十二使徒の福音 (エッセネ派)

39. 「彼らを食べる ことによって 人は いかなる生き物や 這う動物からも 憎まれてはならない」 ~死海文書(エッセネ派)

40. 「殺された動物の肉を 食べる者は 死の体を食べている」 ~エッセネ平和の福音書 (エッセネ派)

41. 「あなたたちは 殺された動物を 甦らせられずあなた達は 彼らを殺した責任を負う したがってあなた たちは地獄に落ちる[…]」 ~アディリラ(ヒンズー教)

42. 「動物に対し 慈悲を示せない人々は 人間に対しても慈悲を 示すことはできない」 〜ビシュヌイ派の原則

43. 「[…]生きものを殺すなら 天には到達できない」 ~マヌ法典(ヒンズー教)

44. 「彼らが人間 動物 または何であれ 神の創造物を殺すため 神から与えられた 体を使ってはいけない」 ~ヤジュルベーダ(ヒンズー教)

45. 「肉を食べる者は 様々な子宮を通って 出生を繰り返し 毎回そのたびに 強制的な窒息状態で 変死に至らしめられる」 ~マハーバーラタアヌササナ パルヴァ(ヒンズー教)

46. 「プラジャパティは言う いかなる種類の肉食も 大いなる災いであり それを節制することは 大いに称賛されるべき」 ~ヤーマ法典(ヒンズー教)

47. 「そのような全ての命は 肉を殺し 味わう事を 拒絶する者の 信心深き愛情に 両手を合わせる」 ~ティルクラル(ヒンズー教)

48. 「いかなる衆生も 殺さないことによって 人は救済に値する」 ~マヌサムヒタ(ヒンズー教)

49. 「アヒムサ(非暴力)は 最高の法である」 ~マハーバーラタシャンティ パルヴァ(ヒンズー教)

50. 「二本足と四つ足 どちらの種も保護しなさい」 ~リグヴェーダ(ヒンズー教)

51. 「動物を守ることは 聖なる義務と考えられる」 ~チャラカサンヒター (ヒンズー教)

52. 「生き物を傷つけないことは 最高の宗教である」 〜非暴力こそ宗教の最も 崇高な責務(ヒンズー教)

53. 「あなたがたに 禁じられた(食べ物)は 死肉 血 豚肉 アッラー以外の 名を唱えた全てのもの…」 ~聖典クルアーン

54. 「そこにはあなたがたが 食べるための 多くの果実がある」 〜聖典クルアーン

55. 「私たちは空から 恵みのある水を送り 庭 収穫物そして ヤシの木を育てる そこにナツメが多く実り わたしのしもべの 糧になる」 〜聖典クルアーン

56. 「汝の胃を 動物の墓場になるのを 許してはならぬ」 ~ハディース(イスラム教)

57. 「神の創った全ての衆生に 優しいものは 皆 自身に対しても優しい」 ~ハディース(イスラム教)

58. 「アラーは 他の生きものに 慈悲を与える者以外 誰にも慈悲を与えない」 ~ハディース(イスラム教)

59. 「真の出家者はこのような 食物飲料を受け取ってならぬ 特にその者のために 用意されたもので 殺された生き物に 係わるものは」 ~スットラクリタンガ (ジャイナ教)

60. 「如何なる生物も殺せば 自分を殺す事になる」 〜バガヴァティ アラダナ (ジャイナ教)

61. 「他人への思いやりは 自分への思いやりである」 〜バガヴァティ アラダナ (ジャイナ教)

62. 「魂を守り感覚を抑制する 者は 生きた衆生を 殺す者には決して 同意してはいけない」 ~スットラクリタンガ (ジャイナ教)

63. 「平穏で 情熱がない 人の心は 他人の支払いで 生きる事を 望まない」 ~聖アチャランガスートラ (ジャイナ教)

64. 「人は動物 生き物 生命体 衆生を傷つけ 支配下に置き 奴隷にし 拷問し 殺してはならない」 ~聖アチャランガスートラ (ジャイナ教)

65. 「全ての生き物に対して 博愛心をもちなさい」 ~教理綱要書(ジャイナ教)

66. 「肉が彼らの 歯の間にあるうちに […]主はその人々に 対し立腹し […]人々を激しい疫病で 懲らしめた」 〜ヘブライ語聖書民数記

67. 「汝は野の青草を 食べねばならない」 ~ヘブライ語聖書 創世記

68. 「雄牛 子羊 雄山羊の血を 私は喜ばない」 ~ヘブライ語聖書イザヤ書

69. 「肥えた牛を食べて 憎みあうよりは 青菜の食事で 愛し合うほうがよい」 ~ヘブライ語聖書 箴言

70. 「自分自身に ワインを与え 自分自身に肉を与える 人々の間には 混じってはいけない」 ~ヘブライ語聖書 箴言

71. 「これはあなたたちが どこに住もうとも代々に 渡って守るべき 不変の 定めである 脂肪と血* は決して食べてはならぬ」 *血:血を含む 「肉」のこと ~ヘブライ語聖書 レビ記

72. 「一つの生命を滅ぼす事は 一つの世界全体を滅ぼす 事と同等に見なされる 一つの生命を救う事は 世界全体を救った事と 同等に見なされます」 タルムード(ユダヤ教)

73. 「マリファナ 肉とワインを平らげる 人間は たとえ彼らが巡礼 断食と儀式に従っても 彼らは皆地獄に落ちる」 〜スリ グル グランス サヒーブジ(シーク教)

74. 「最高の宗派は 全宇宙の兄弟愛に 達することだ そして全ての生き物を 己と平等にすること」 〜スリ グル グランス サヒーブジ(シーク教)

75. 「すべてのものの中に 神が宿るというなら なぜめんどりを殺すか」 〜スリ グル グランス サヒーブジ(シーク教)

76. 「無慈悲で動物を殺害し 神聖な食物と言うのは ばかげている」 〜スリ グル グランス サヒーブジ(シーク教)

77. 「生命を殺害し 宗教行為と言う では何が無宗教なのか」 〜スリ グル グランス サヒーブジ(シーク教)

78. 「[…]血(または肉)を 人間が食したなら いかに 心を純粋にできようか」 〜スリ グル グランス サヒーブジ(シーク教)

79. 「我らがグル 霊性の導師は 我らが肉や死体を 食べない時にのみ 我らの側にいる」 〜スリ グル グランス サヒーブジ(シーク教)

80. 「[…]人が他の生きものの 血と肉を平らげた時には 人は純粋な意識を 持つことはできない」 〜スリ グル グランス サヒーブジ(シーク教)

81. 「汝は生き物を殺し 生命のない物を崇めている まさしく最後の瞬間に汝は ものすごい痛みで苦しむ」 〜スリ グル グランス サヒーブジ(シーク教)

82. 「全生物に思いやりを持て これは六十八もの 巡礼地を訪れ 沐浴し 布施をすることより 賞賛に値する」 〜スリ グル グランス サヒーブジ(シーク教)

83. 「網で鳥を捕らえるため 山に入ってはならない また魚や雑魚に毒をもる ため水に入ってならない 雄牛を殺してはならない」 ~陰シツ文(道教)

84. 「宇宙の真理を 求めるものは あらゆる生命に 敬意を払うことだ[…]」 ~化胡経(道教)

85. 「捕らわれの動物を買い 彼らに自由を与えよ」 ~陰シツ文(道教)

86. 「称賛に値するのは 肉屋を不要とする 節制である」 ~陰シツ文(道教)

87. 「それらの植物を 私アフラマズダ(神)は 大量に地上に落とし 信者に食べ物を 慈悲深い牛のために 飼葉をもたらす」 ~聖アヴェスター (ゾロアスター教)

88. 「[…]様々な種類の 家畜動物の虐殺は 嘆かわしい罪である」 〜ザートスプラムの詞花集 (ゾロアスター教)

89. 「地上の全ての生物を[…] 自分自身として捉える者は 不滅の存在となり 真の 神が常に彼と共にいる」 〜聖カビール(菜食者)

90. 「この(ビーガニズム)運動は 地上に神の王国をもたらす 努力に人生を捧げている 人々に特別な喜びを 引き起こすはずです」 〜レフ トルストイ(菜食者)

91. 「人間が倫理的であるのは 植物や動物 仲間の命など 生命が彼にとって 神聖であるときだけです」 〜医師 アルベルト シュバイツァー博士(菜食者)

92. 「私の菜食主義の基礎は 肉体ではなく道徳です」 〜マハトマ ガンディージ (菜食者)

93. 「肉を食べると 恐怖や残酷さなどの 動物界の要素を 吸収してしまい 高次の自己を 開発することが 非常に難しくなります…」 〜オムラーンミカエル アイヴァンホフ(菜食者)

94. 「もし動物が話せたら 私達は動物を殺して食べる 勇気があるだろうか? そのような仲間殺しを どう正当化できるだろう?」 〜ヴォルテール(菜食支持者)

95. 「動物を殺してはいけない わかるか? 食べるために殺さないこと」 〜ジッドゥ クリシュナ ムルティ(菜食者)

96. 「動物は私の友人だ… そして私は友人を食べない」 〜ジョージ バーナード ショー(菜食者)

97. 「人間が動物を 虐殺する限り 人間同士は殺し合うだろう」 〜ピタゴラス(ビーガン)

98. 「動物を殺すことを 殺人と見なす時が やってくるだろう」 〜レオナルド ダ ヴィンチ (菜食者)

99. 「野菜は自然の方法であり 自然であり 正しく 浄化されるものである」 〜エドガー ケイシー

もっと観る
エピソード  1 / 2
もっと観る
・・・各宗教において  18 / 25
2
2021-12-08
4522 閲覧数
5
2020-11-11
28584 閲覧数
6
2019-12-06
12869 閲覧数
9
2019-10-30
7913 閲覧数
11
2019-11-06
6263 閲覧数
13
2018-07-27
5465 閲覧数
15
2020-06-04
10113 閲覧数
16
2022-01-22
3461 閲覧数
17
2022-01-07
3229 閲覧数
22
2018-08-29
4285 閲覧数
23
2018-01-21
4138 閲覧数
シェア
誰かにシェア
埋め込み
開始位置
ダウンロード
携帯
携帯
iPhone
Android
携帯ブラウザーで観る
GO
GO
Prompt
OK
アプリ
QRコードをスキャンするか、正しい電話システムを選んでダウンロードする
iPhone
Android