検索
日本語
  • English
  • 正體中文
  • 简体中文
  • Deutsch
  • Español
  • Français
  • Magyar
  • 日本語
  • 한국어
  • Монгол хэл
  • Âu Lạc
  • български
  • Bahasa Melayu
  • فارسی
  • Português
  • Română
  • Bahasa Indonesia
  • ไทย
  • العربية
  • Čeština
  • ਪੰਜਾਬੀ
  • Русский
  • తెలుగు లిపి
  • हिन्दी
  • Polski
  • Italiano
  • Wikang Tagalog
  • Українська Мова
  • その他
  • English
  • 正體中文
  • 简体中文
  • Deutsch
  • Español
  • Français
  • Magyar
  • 日本語
  • 한국어
  • Монгол хэл
  • Âu Lạc
  • български
  • Bahasa Melayu
  • فارسی
  • Português
  • Română
  • Bahasa Indonesia
  • ไทย
  • العربية
  • Čeština
  • ਪੰਜਾਬੀ
  • Русский
  • తెలుగు లిపి
  • हिन्दी
  • Polski
  • Italiano
  • Wikang Tagalog
  • Українська Мова
  • その他
タイトル
全体
続いて
 

戦争の王が明かす戦争と平和 第5回

2024-06-23
Lecture Language:English
要約
ダウンロード Docx
もっと読む
銀行とは何度も 嫌な思いをしました 米国の銀行 スペインの銀行 大銀行ー 国際的で有名な銀行 普通の銀行ではなく この種の国際的に有名な 銀行はサービスが良く 私の生活にも 楽だと思いました 違います 国際的に有名な銀行 ドイツ 米国 スペイン フランスもー 全ての銀行を試しました 多くの厄介事と煩雑な 手続きを私に課しました 一度(ハリケーン)カトリーナ 災害に寄付したかったのです 彼らも面倒を起しました 沢山の事を書く必要があり ました それで(ハリケーン) カトリーナの被災者を助ける ためにお金を送れます 人々に私の名を 知られない方がいいです 心の奥底で 直感的に 恐らく 安全上の理由のために あちこちに大金を持って いることを知られたく ありません 一般人にとっては 大金です 皆が知る多くの人の ようには持っていませんが 他の人や 強盗にとっては 大金です

現金があれば 誰にでも いつでも 都合の良い時に 渡すのはとても簡単です フードバンクや貧しい 人達のために店で 物資を買ったりします 時々議会か どこかの 都市の市長が発表する からです それで ただ店に行って 物資を買い 店長が それを送れるように 店に置いていきます 自分では送りません そういう状況では 現金で買います だから 時々現金を 沢山持っています もうそうしません 特に リトリート中は 勿論です でも小切手やクレジット カードで渡したくないです 人に知られるからです

一度 カナダの時のように もう現金がなく カードを 使わねばなりませんでした すると 警察が店まで 行って 尋ねました 「誰が買いましたか? 本物のお金かどうか…?」 大金だったので 何か 怪しい事があるのでは ないかと疑ったのです 彼らは店に行き 尋ねました そして彼らは「OK 彼女のクレジットカード 彼女の名前 全部OK」と それで 私の名前を 知りました その後 新聞や テレビにまで載りました 何てこと それは最も望んで いなかった事です この世界では 善行をするのでさえ とても複雑です でも思うに 皆さんは あまり多くの人に 知られていないので クレジットカードや 銀行振込などが使えます でも路上では ホームレスに対して クレジットカードも 小切手も渡せません どこの店で 小切手を 出して 食べ物を 買えるかさえ分りません 無理だと思います

一度小切手でトラブルを 起したことがありました 一部の国では 2、3の システムがあります 英国でのように 例えばです よく覚えていません 昔のことでした 北アイルランドの ような地域も 英国に属しています 覚えていませんが 北アイルランドだったか すでに英国だったか? 北アイルランドも 英国に属しています でもそこは異なる お金を使うとは 知りませんでした アイルランドでは 例えば 南アイルランドでは 今は ユーロを使っています でも 北アイルランドに 行くと それを受け入れません それが問題です それも多くの問題を起します お金を持っていれば 問題がない訳ではなく; 問題が少ないだけです 通常 カードを使いたく ないです 名前があり 時には人にコピーされ お金を引出されます 私にカードを貸して くれた人の銀行からー 私のチームの 彼らにはカードの方が 扱いやすいので 私が 旅行中に貸してくれます; ATMや何かを使います

でも 同じ島でも異なる お金を使うとは 知りませんでした アイルランドや南アイル ランド ダブリンでは 欧州のお金を使います 北アイルランドでは 受け入れず そこは 英国に属するからです ある時 もう現金が なかったので クレジット カードを使いました 与え続ければ 山でさえ崩れ堕ちる でしょう オゥラック(ベトナム)の 人達はそう言います それで カードを借りました とにかく 私のお金です 私のお金を管理する チームが 私に代わって 管理しているので 緊急時に ATMから お金を使えます 使い方さえ分りません 店で近くの誰かに 頼む 必要があります「機械の 使い方を教えて下さい」 その後 私に教えます: 「まずこれを押して あれを押せば お金が 出てきます」と それを何度かしました

その国 北アイルランドで クレジットカードを 入れましたが 間違った 機械に使いました 信じられないでしょうが 全ての機械が同じお金を 出すと思っていました 違います あの地域は確か 北アイルランドのはずで クレジットカードを 機械に入れたら 他の お金(異なる紙幣)が 出てきましたが 私は見もしませんでした 私は お金の違いの 専門家ではありません 誰もが知っている ようなことでも 見知らぬ国であまり お金を扱わないので 分りませんでした 違うお金が出てきました 後で その地域の店で お金を払って 靴を 買えました 靴が必要だったので それを買い そして新しい服もー 防寒の為のジャケットを その時は支払えました ビーガンサンド店でも 支払えました 結構 問題ないと思いました それで 残りのお金は 他のお金と 一緒に入れました 英国のお金や 欧州のお金 ユーロと それから 英国に ロンドンに戻りました

もう英国のお金は 持っていませんでした; もうタクシー代 飛行機代 何にでも支払いました だからもう 英国の現金を 持っていませんでした それで ある店に行きー 長い行列を見ました そこで 両替ができると 教えてくれました 別のお金を持っていたので 店は受け入れませんでした それで これは異なる お金だと気づきました 英国のお金ではないです 北アイルランドでは 使えますが 当時のロンドンでは 使えません こう言われました 「ここでは使えません これは ロンドンでは 使えません 両替が必要です」 その店に入らねばなりません その前に 店の前に立ち 列に並んで待ちました 財布にはEUのお金(ユーロ) が沢山あったので ユーロを両替 したかったのです そして 一気に出して その時はお金が違うことを 知りませんでした ユーロを両替したくて そのお金は とにかく 多くなかったからです ユーロを沢山両替して ホテルを探し タクシーに 乗って 何か食べに 行きたかったのです

ぼろぼろの服を着た とても貧しい男性が床に 座ってるのを見たので お金が必要だと思いました だからお財布からお金を 出して彼に渡しました 彼はそのお金を見て 「いえ ここではダメです ここでは使えない これは英国のお金ではない」 私は「ああ 知らなかったです ではそこ店に ここの前に行って ポンドに両替してください 両替してくれます 私の前に入って」 彼に私の場所を譲りました それから彼は店に入って 両替しました 彼は出てきて言いました 「両替しました 良かった」 だから問題ないと思いました 私も入って 同じお金を 両替したかったのです すると 両替して くれませんでした 叱られました 「こういうことは しないでください 最初に人を送り込んで 両替させて 今度は自分が来て 両替する 貴方には両替しません」と

私は「いえ 知らなかったです では何を変えるのですか ではユーロを変えるのですか」 彼は「ええ 勿論」と それで 私は荷物を開けて もっとお金を取り出さねば ならなかったので脇に寄って 他の人を先に入れました その後両替してくれなかった 彼らは私にとても厳しい 態度で あらゆる事を 叱ってきました なぜ叱られるのか 分らなかったです お金を両替したかっただけ 何かを疑われたんだと 思います 私は英国人に見えないのでー 勿論私は違います それで私は「OK できるだけ両替して 頂けませんか それでタクシーを拾って ホテルに行き 体を洗えます 体を洗って 何かを 食べる必要があるので」と すると3百ユーロを英国の お金に両替してくれました ああ 両替だけで こんなに大変だとは 知らなかったです タクシーを拾いに行く時も どうタクシーを拾えば いいのか分らなかったです!

私は一緒に並んでいた 人達に尋ねました タクシーを呼びたいのですが 番号が分りますか?」 すると親切な女性が 列から外れて こう言いました「向こうに お店がありますよ その中にタクシーを呼ぶ 無料電話があります」 私は「ワオ そんなものが あるのですか?親切です! お店はどこですか?」 彼女は指さしました 「お店の名前は? どうやって行くのですか」 彼女は「OK 連れて行ってあげる」 店に案内してくれました その郵便局に2、3千 ユーロ渡しましたが こう言った時 やっと 両替してくれました 「何か食べに行きたいので 少し両替して下さい」と 両替したのは 僅か 3百ユーロです それ以上は 無理でした 私は「OK とにかく有難う とにかく有難う」と

その後 その女性も 店に案内してくれた 女性も言いました 「あの店に行くといいです 全部両替してくれます どんなお金でも 大金でも」と 私は「本当に?親切です!」 後で その無料電話で タクシーを呼んだ時 彼女は電話のかけ方まで 教えてくれました: 「ただ電話を取れば 誰かが話してきます それから タクシーが 欲しいと言って 今の居場所を言えば 来てくれます」 自分が居る場所も知りません だから「店」と言いました すると彼らが言いました 「そういう店は沢山あります 住所を教えるべきです」 そこで 店の従業員に頼み タクシー(運転手)に 話をしてもらいました 私は 「エジプトの地で よそ者」でした それで 助けてもらい タクシーを呼びました

Photo Caption: 似ていても 特徴的な 品質ー違いを探すために 常に目を凝らす

写真をダウンロード   

もっと観る
全てのエピソード  (5/7)
1
2024-06-19
7907 閲覧数
2
2024-06-20
4144 閲覧数
3
2024-06-21
3810 閲覧数
4
2024-06-22
3307 閲覧数
5
2024-06-23
2840 閲覧数
6
2024-06-24
2463 閲覧数
7
2024-06-25
2640 閲覧数
シェア
誰かにシェア
埋め込み
開始位置
ダウンロード
携帯
携帯
iPhone
Android
携帯ブラウザーで観る
GO
GO
Prompt
OK
アプリ
QRコードをスキャンするか、正しい電話システムを選んでダウンロードする
iPhone
Android