検索
日本語
  • English
  • 正體中文
  • 简体中文
  • Deutsch
  • Español
  • Français
  • Magyar
  • 日本語
  • 한국어
  • Монгол хэл
  • Âu Lạc
  • български
  • Bahasa Melayu
  • فارسی
  • Português
  • Română
  • Bahasa Indonesia
  • ไทย
  • العربية
  • Čeština
  • ਪੰਜਾਬੀ
  • Русский
  • తెలుగు లిపి
  • हिन्दी
  • Polski
  • Italiano
  • Wikang Tagalog
  • Українська Мова
  • その他
  • English
  • 正體中文
  • 简体中文
  • Deutsch
  • Español
  • Français
  • Magyar
  • 日本語
  • 한국어
  • Монгол хэл
  • Âu Lạc
  • български
  • Bahasa Melayu
  • فارسی
  • Português
  • Română
  • Bahasa Indonesia
  • ไทย
  • العربية
  • Čeština
  • ਪੰਜਾਬੀ
  • Русский
  • తెలుగు లిపి
  • हिन्दी
  • Polski
  • Italiano
  • Wikang Tagalog
  • Українська Мова
  • その他
タイトル
全体
続いて
 

戦争の王が明かす戦争と平和 第4回

2024-06-22
Lecture Language:English
要約
ダウンロード Docx
もっと読む

ああ もう銀行は嫌です 私に沢山面倒をかけます 煩雑な手続きが多かったり […] 彼らは私に小切手や クレジットカードですら 他の人にお金を 渡させてくれません […] 私は困っている動物の民 保護施設に4万(米ドル)を 送りたかっただけです 彼らに禁じられました 私は許可されないと 以前 私のお金を 預かっていた弟子たちに それを私の銀行に 送金するように頼むと 彼ら(銀行)は私にそれを 受け取らせてくれません 例えば シンガポールから なら シンガポールは イスラム教の国だと 彼らは言いました! ああ 何てこと! 一体どんな 無知な人達ですか? […]

ところで スプリームマスターTV チームのメンバーに 伝えたいことがあります 誰か 又はあるグループが 何かを上手くやったり 何か良い事をしたのを 褒めると 翌日か数日後に 混乱した状況や悪い事を 起こす事に気づいていました ーこれは初めての事では なく スプリームマスター TVの前からありました 誰かを害するほど「悪く」 なくても もはや質は低下し 混乱状況を起こして 私に迷惑をかけます だから 今後は もう 皆を公にも私的にも 褒めないことにします 良ければ 多分私的に でないとエゴは何か… 誰にとっても大敵です 皆を褒めると それを 聞いたり必要とするのは 魂ではなくエゴ 心です 心は大抵エゴでできています 私が言ったことを 心の中で 誇張するのです そして 重要な問題や 成し遂げるべき重要な 仕事をさらに疎かにする ようになります

更に言っておきますが 人を褒める必要はないです 必要なし 全く必要ありません どんな良い事をしようが 任された仕事において 又は自分の努力で 何を 完璧に成し遂げようと それは普通にすべき事です 私達は賞賛や 褒め言葉などは 何も必要としません 私にも必要ないです 見ての通り この全ての 仰々しい事は全て可能な 限り最小限にしています 私の誕生日さえ もう祝いません 皆はチンハイデーを祝い 私は祝いません でも良い事で チンハイデーは 皆の日だと言いましたね 外に出て何か良い事を するよう自分に 思い出させます でも誇らないで下さい それなら良いです

エゴは常に賞賛と手柄を 全て掴み取ろうとする からですーノー! 私達は皆 神に感謝し 神を褒め称えるべきです それを為す能力があり 機会があることを 神が私達に良い事を させて下さることを 私達の行為により 他の 人々が幸せになることを 幸せに感じるべきです それで もう十分です ただ この世界では 他の全ての人々のために 仕事を続けるよう 奨励することがあります それで 表彰や称賛 感謝状などを受け取ります でもそれを続けるべきか まだ検討しています 検討しようと思います 私達がすべきかどうか 天に尋ねてみます

勿論 慈善行為は可能なら いつでも どんな形でも 困窮者を助けられる限り 続けなければなりません 最近 私達の世界は本当に 大きな混乱状態にいます だから武器を持った 本当の戦争は勿論「飢餓 戦争」の難民がとても多い でも 飢餓戦争 渇きの戦争は 本当に 多くの多くの多くの人々 老人 子供を殺しています 世界全体で 至る所で 力のある国々 裕福な国々ですら 私はホームレスや 虐げられた人々を見て 心は決して平安を 感じることはできません 勿論 私は出来ることを します 皆に伝えずに 以前は 現金があれば いつも路上の人々に 与えました 現金を持っているなら その方が良いです 今はリトリート中なので 必要ありません どこにも渡しに行けません

でも 以前はいつも 路上の人々に 渡せるように現金を 持ち歩いていました 又は貧しい一家を見たり そういう一家を知ると 彼らの家に行き 緊急の ニーズに対応するために 幾らか渡し 更にもっと 将来のために渡しました 勿論 現金を持ち歩くのは あまり安全ではないですが 常に誰かを同行し 上手く現金を隠します 必要な時だけ取り出します あまり安全ではないです でも私の心のせいで 他者が困っているのを 見ると心が痛みます 熱いアスファルトの上を 焼かれた足で歩いたり 冬の風を防ぐのに 十分でないボロボロの 服を着ていたり 他にも色々あります フードバンクが空っぽで 食べ物を買って 渡すしかなかったり 勿論この全てを知りませんね

リトリート中であれば 他の人にやって貰います そして会計士を通します 勿論です でも全てを皆に報告する わけではありません 大抵 忘れずに言います 「どうか公にせず 行って 私の代りにして下さい」と 知っている人がいれば 電話して言います 「あれこれを買いに行って 貴方の家族や友人を 巻き込んで下さい 貴方の地域で可能な所は どこへでも 又は 可能な 限り遠くへ行って下さい 貴方の時間が許し 仕事が 許すならフードバンクや 人々に渡して下さい 密かにやって下さい」 だから 一人でやるよう 言うわけではないです 私も皆と一緒にいて 皆と一緒にやっています 何であれ 皆が他の人に 良い事をしていて 可能で あれば私も皆といます 私達はチームです 私がしていることを皆が 知らなくてもしています 私はチームの一員です だから余裕があれば他者を 助けるのを忘れないで下さい 何の為にお金をどこかに 蓄えておくのですか 必要ないのに 例えば 銀行に

ああ もう銀行は嫌です 私に沢山面倒をかけます 煩雑な手続きが多かったり 住所を変えたり パスポートを変えると 本当に厄介なことに なります 彼らは私に小切手や クレジットカードですら 他の人にお金を 渡させてくれません 全て止められました 私は困っている動物の民 保護施設に4万(米ドル)を 送りたかっただけです 彼らに禁じられました 私は許可されないと 以前 私のお金を 預かっていた弟子たちに それを私の銀行に 送金するように頼むと 彼ら(銀行)は私にそれを 受け取らせてくれません 例えば シンガポールから なら シンガポールは イスラム教の国だと 彼らは言いました! ああ 何てこと! 一体どんな 無知な人達ですか? どうしてシンガポールが イスラム教国なのですか? 銀行員がどれだけ 無知なのか信じられません 私の銀行の支配人ー 銀行の名前は 言いたくありません 言うべきですか?いいえ 復讐はしたくないです

言っておきますが これは 私に起こった実話です 銀行にある私のお金は全て 没収されたようなものです だから何にも使えません 私は「このお金をあらゆる 所に送れますか 例えば 教会や 寺院 僧侶や 様々な宗教の聖職者に 可能ですか?」 やはり「いえ できません!」 儲けるためにお金を キープしたいだけです 彼らは 私のお金が 他の人々や宗教団体を 助けることが できるかなど気にしません 本当にそんな感じです 私は常に銀行にお金を 持っていたくありません 現金を持っていたいです 又は 貧しい地域にお金を 送れるようにしたいです だから 時には現金を 持つ方がいいのです なぜなら 聖職者にも渡すからですー カトリック イスラム教 ヒンズー教の聖職者や僧 仏教の僧ー貧しい人々 値すると思う人誰にでも 私が聖職者に渡すのは 彼らが貧しい人に渡すと 知っているからです カトリックの聖職者 キリスト教の聖職者 仏教の僧も 孤児院を持っていたり 寺院で犬の民を育てて いたりするでしょう この全てを知っています だから彼らに渡します

靴や冬服など 個人的な必需品にも 使えると言います 又は私が買って 送ることもあります 又はお金を送って 「靴がボロボロで すり減っていますね どうぞ これを靴のために そして別に幾らか 冬用の服のために ここはとても寒いですから」 例えば 一部の僧 タイの僧やオゥラック (ベトナム)の僧は 寒い国に住んでいます 又は狭い地域の 小さな部屋に住み 信奉者や信者のための 仕事をしています 彼らには十分な服がなく お金がありません だから 私が買って彼らに 送るか 彼らの信者を 通してお金を送り 持って行ってもらいます 私は「彼や彼女にこれと あれを買うか 何が欲しいか 尋ねて買って下さい」

小切手を一緒に送れる 訳ではなくー小切手が いつもポケットに あるとは限りません お金(現金)はとても便利です だからお金を見下さないで お金はとても大事で とても良いものです それを使わずに 沢山余っているなら どうか銀行から出して 切実に必要としている 人に与えて下さい 彼らにもっと生きる時間を 与えて下さい 彼らが 偶然にも神を思い出し 神に祈り その功徳で 高められ 加護されます ー今世でなくても 来世で 彼ら全員がマスターに 会い 解脱できる わけではないからです 全員にその幸運が ある訳ではなく 裕福になる幸運の方が 簡単に得られますが 解脱させる開悟した マスターに会う幸運は 簡単に得られません 現金は使い勝手が よいので好きです 時々 私は様々な国に住みます どの動物の民の保護施設 どの孤児院にお金が 必要か見て回ります ただ渡すだけです 彼らに私の名前を知って ほしくないからです 私が誰であるかなど 知られたくありません だから現金はとても便利です 勿論リトリート時でない時に

でも時には銀行が ああ… たとえ私が別の国に行って 銀行を変えたくても 変えさせてくれません とても厄介にします ある時カナダに行きました 家を買いたかったのです とても素敵な家で 私は カナダに滞在したかった でも銀行に止められました 私の銀行に 当時 私はスペインにいて 銀行が私を止めました 別の銀行がありました 銀行とは何度も 嫌な思いをしました 米国の銀行 スペインの銀行 大銀行ー 国際的で有名な銀行 普通の銀行ではなく この種の国際的に有名な 銀行はサービスが良く 私の生活にも 楽だと思いました 違います 国際的に有名な銀行 ドイツ 米国 スペイン フランスも 全ての銀行を試しました 多くの厄介事と煩雑な 手続きを私に課しました

Photo Caption: 外見が違っても 友情に違いはない

写真をダウンロード   

もっと観る
全てのエピソード  (4/7)
1
2024-06-19
7907 閲覧数
2
2024-06-20
4144 閲覧数
3
2024-06-21
3810 閲覧数
4
2024-06-22
3308 閲覧数
5
2024-06-23
2840 閲覧数
6
2024-06-24
2463 閲覧数
7
2024-06-25
2640 閲覧数
シェア
誰かにシェア
埋め込み
開始位置
ダウンロード
携帯
携帯
iPhone
Android
携帯ブラウザーで観る
GO
GO
Prompt
OK
アプリ
QRコードをスキャンするか、正しい電話システムを選んでダウンロードする
iPhone
Android